連載・特集

報道サレナイ静岡朝日テレビノ裏側

雨しか降らない静岡マラソンを救うため本気出した♯2

雨しか降らない静岡マラソンを

今年こそは晴天にしてやる!!

SunSet TVが静岡マラソンに関わる全ての皆様に贈る

誰もが幸せになる企画の第2弾・・・・・・

こんにちはライターのピカミツです。

 

仕事を終えたピカミツと事業部の二人は

静岡駅から新幹線に乗って、大阪へ。

 

出張ということで企画意図を説明すると、会社の人たちからは

「お前たち楽しそうで、いいな(冷たい目)」

 

と言われますがSunSet TVは気にしません。

ドM(まじめ)に晴天祈願するんですよ。

出張を口実に遊ぶなら「朝1で大阪」に行って夜には遊んでます。

(くどいようですが、僕たちの出発は日没後です。)

静岡駅新幹線改札口の上に、静岡マラソンの看板が設置されています。静岡でお待ちしていますよ!

(こう書いたらもしかしたら静岡マラソン公式が反応してくれるかも)

静岡マラソン公式FacebookページがSunSetTVの今回の企画ページをシェアしてくれないかなぁ( ´△`)。

 

「なんだかよくわからないSunSetTVってのが、静岡マラソンを晴れにしようと変なことしてる!」

っていうのでもいいです。(まあこの手の手法はありきたりですね)

 

静岡マラソンの看板を背に、駅のホームへ。

2日間に渡るピカミツと事業部による物理的行動のスタートです。

 

新幹線の車中に話は変わります。


 

-ピカミツ:久々の大阪だなぁ~♪楽しみだなぁ~♪( ´ー`)

(ピカミツは転勤で大阪に5年住んでいたので愛着があります)。

今夜は何を食べて倒れようかな?あそこのお好み焼きから、こっちの串かつで、シメにいつものカレーそばかなぁ。そうそう、事業部は糖質制限ダイエットを一次休止にしちゃいなよ。せっかく大阪に行くんだしさ。

 

-事業部:はぁあぁーーーー?!

何を言ってるんですか、先輩!!||*`Д´*)ノ

今回は【一貫して「晴れ」にゲンを担ぐ】と決めたじゃないですか!もう、忘れたんですか!?

何浮かれてんですか!

わかってますよ、飲むことしか考えてないでしょう!?

飲み潰れるような事態は絶対に厳禁です!

面倒見ませんよ、マジで許しません!

またSunSet TVの部長(以下S部長)に怒られますよ!

 

-ピカミツ:怖い。それは、いやだ・・・。部長には怒られたくない。

(酒を飲まない後輩、飲みつぶれるとき介抱してくれる衛生兵のような存在です)

静岡マラソンを晴れにしてくれるようなお店を探そうか。「大阪」、「晴」、「グルメ」で検索だな。あ、泊まるところも決めてなかったし、探さなきゃ。

 


事業部もいいこと言う割には、行き当たりばったりなのは変わりません。事前に計画を練っていない、準備できていないという時点でこの記事を読んだS部長から二人は怒られる気がします。)


 

探してみると太陽や晴れに関するお店かなりありました。


 

事業部セレクト:「飲茶バイキング 太陽楼 心斎橋店」

→太陽に願掛けしたと言える

ピカミツセレクト:「中華バール雨ノチ晴レ」

→バールだし酒と合うメニューが多そうだ♪(*´∇`*)

(そういう選択肢)

 

-事業部雨ノチ晴れwww晴れきらないwww願掛けなのにwwwwww

とりあえず太陽狙いでいきましょう。徹底して「晴れ」にこだわる企画ですから!泊まるところはいいところありました?

 

-ピカミツ:そうか・・・。静岡マラソンらしいお店だと思うんだけどなぁ。残念。泊まるところはいいところ見つけたぞ。(・∀・)ニヤニヤホテルの名前が「てるてるぼうず」!

 

-事業部:テルテルボウズwwwそのまんまwwww

太陽だ晴れよりストレート!ほんとにあったwwwwww

僕の方で予約しますね・・・・。うわ、残念・・・満室でした。

 

-ピカミツ

むむむ・・・残念。今回の企画の一貫性には重要だとは思う。

(ただし一貫性って決めたのはついさっき)

だから、現地でホテルを見に行ってどうしても泊まりたかったら、ホテルの人にだだをこねてみよう。

 


こんなグタグダなやりとりしてたら新大阪駅へ到着。

二人は最初の目的地「飲茶バイキング 太陽楼 心斎橋店」へ


 

 


-ピカミツ:お、着いた着いた!ここが「飲茶バイキング 太陽楼 心斎橋店」だ!

ん?!そもそも、

心斎橋じゃないよな、ここ。

あ・・名前だけ同じでまったく別の店なんだ。( ゚д゚)どうする?入ってみる?

 

-事業部:4Fってなってますよ?1Fじゃないの?

あ、でもちゃんと

太陽楼

って書いてる・・・。

 

-事業部:ここまで来たのだから、この太陽楼へ行きましょう!

 

-ピカミツ:ミナミの変なビルには入らない方がいい気がする・・・((((;゚Д゚))))

怖い人いっぱいるかもしれないよ?(((((( ;゚Д゚)))))

 

-事業部:いいから行きますよ!

(エレベータで4Fへ)ここですね!

鰐(ワニ)料理って書いてあります!いいネタになるじゃん!

鰐定食1000円!ジュース飲み放題!

突入してみましょうかね!

先輩、さぁ!入って!!d( ・ω´・+)

-ピカミツ:え?!俺が?((゚Д゚;))

中から中国語のような声ですごく賑わってるんだけど・・・

大丈夫かな。(ドアを開けようとすると)

あれ?開かない・・・ぐぬ・・・だめだ。カギかかってる。

 

-事業部:うーん・・・そうか。

あきらめて写真だけ撮影して本命に行きましょう!


 

そして2軒目に到着

と思いきや・・・

 

-事業部:あれ?!お店がないですね。

このビルのはずなのに・・・1Fに別の店が入ってますね。

 

太陽楼にたどりつけない(笑)

 

太陽に縁がなさすぎるww

 

-ピカミツ:本当だ・・・。お店が変わったのかな。腹減ったよぉ。(›´・ω・`‹ )

(何かの間違いだと思い、もう一度探そうとウロウロする二人。しばらくして・・・)

-事業部:静岡マラソンは晴れない。

SunSet TV先生の次回策にご期待ください。。

-ピカミツ

なんだ、かっこいいこと言うなぁ。雨だった過去を受け入れて、「晴」を求めるべきなのか。

これはもう、「雨ノチ晴レ」に行こう!(腹減ってひもじい。(›´Д`‹ )


そこから歩くこと数分。お店はちゃんとありました。

さすが雨が絡むと先に進むぜ静岡マラソン!

店内に入るとそこはにぎやかな中華バールでした。

ピカミツはビール、事業部は黒烏龍茶で乾杯!

酒好きなピカミツと糖質制限ダイエットをしている事業部は相容れない食事となりそうでしたが、お互い満足できるメニューでしたよ。中華料理は大皿で大人数で食べるものが多い気がしますが、ここは小皿で2~3人でいろんな種類を食べれる量で値段もリーズナブルで美味しい!!

これからのSunSet TV談義をしながら、空腹を満たしました。

 

他のお客さんが落ち着いたのを見計らって、

店長らしき人に声を掛けます。

 

店長の梶木さんに取材にご協力をいただきました。

media-20160216 (13)


-事業部:お店の名前はなぜ、「雨ノチ晴レ」なんですか?

 

ピカミツは勝手な妄想で

「辛いことが多い人生だけど、いいいこともある・・・」

というエピソードがあって、お店の名前にしたんじゃないか、涙をホロリとしてしまうエピソードが店長の梶木さんにあるのだろうと思っていましたが・・・。

 

-梶木店長:私をはじめスタッフ

みんなMr.Childrenが好き

なんです。

店をはじめる時にスタッフで店名をどうするか話し合って、

「雨ノチ晴レ」に決めました。

 


ふむ。そうでしたか…。勝手な妄想していたことに恥ずかしくなりました。確かに、店内BGMはミスチルでした。

 

お話を聞くと、大阪でミスチルのライブイベントあるとファンが集うようで、ファンの中では知られたお店のようです。

 

「太陽」ではなく、「雨ノチ晴レ」

 

という素敵なお店と(行き当たりばったりだけど)出会えたのも、何かの縁にちがいない!

 

ということで、梶木さんに静岡マラソンのポスターへ

晴天祈願のサインを頂きました。

さらに、お店の名前の通り、雨のち晴れた静岡マラソンとなりますように!と願掛けをお願いしました。

いきなり晴天と欲張らない。

 

謙虚な心が大事です。

梶木店長!

行き当たりばったりで突然やってきた静岡からのわけのわからないSunSetTVに・・・快く取材対応していただけたことに本当に感謝です!

 

今回取材にご協力を頂きました

中華バール「雨ノチ晴レ」の情報です!

SunSetTVをご覧の皆様、ぜひ大阪へ遊びに行った際には「雨ノチ晴レ」へ行ってみてはいかがですか!(宣伝)

店名:雨ノチ晴レ

電話番号・FAX:06-6241-2678

住所:〒542-0081  大阪府大阪市中央区南船場4-4-17 HS南船場ビル1F

営業時間:月~土 18:00~23:30 (L.O.23:00)
定休日 :日曜日 ※日月連休は日曜日営業、月曜日休み。

Twitter:こちら

なんだか晴れそうな気がだんだんとしてきた二人は、満腹になったところでお店を後にします。

そして、今夜の宿となる(かわからない)てるてるぼうずという名のホテルへ向かいます。

 

泊まった翌日は晴れるように、ホテル全体がてるてるぼうずだらけのホテルにちがいない!

 

そう、勝手に妄想しながら到着しました。

外から覗き込むとフロントと思われるところにてるてるぼうずはぶらさがっていません。

 

ホテル看板の英語表記を見ると、

TERUTERUBOUZU

と直訳だと思っていたらそうではありませんでした。

 

TELTELBOUZU

となっていました。


-ピカミツ

てる=TELだと 電話電話坊主っぽいのう。(´・_・`)

 

-事業部:

なるほどwww

お姉さんにTELTELして

(財布が)

ボウスになるんですね。

 

深い!!!!!!!

 

-ピカミツ:それはいっちゃいけないやつだぞ。

とりあえず満室みたいだしほかのホテル探そうか。


とういわけで、その時点で深夜12時ごろでした。

運よく近くのホテルが見つかってチェックインし、床につきました。

 

20時過ぎから、4時間程度のぶらり旅のような取材となってしまいました。

(ちゃんと計画していないから)意外と予期せぬことが起きて、記事が長くなってしまったので、今回の記事ではここまでとします(;´д`)ゞ。

 

二夜連続として、

明日(2/18)の日没後に後編をアップしますよ。

お楽しみに!

関連記事

ページトップへ